居宅介護支援サービスとは

介護を必要とする人が、介護保険のサービス等を適切に利用できるよう、介護に関するご相談から手続き、調整などのサポートをいたします。介護支援専門員(ケアマネジャー)がご本人やご家族の希望をお聞きし、各種介護サービスに関する情報を提供しながら介護(介護予防)サービス計画書(ケアプラン)を作成いたします。

対象となる方

 

介護保険サービスを利用できる方

 

【65歳以上】介護や支援が必要と判断(認定)された方。
【40歳〜64歳】特定の病気が原因で介護が必要になり認定を受けた方。

 

※介護やリハビリ、福祉用具、住宅改修等どんな事でも結構です。お気軽にご相談ください。
必要に応じて、ご自宅へ訪問しご相談をお受けします。

 

提供サービス

 

ケアプランの作成 
※費用はかかりません

  1. 介護支援専門員(ケアマネジャー)による評価・分析
    健康状態、生活環境、家庭環境を把握したうえで、どのような介護サービスが必要なのかを検討し、具体的な目標を立てます。
  2. ケアプランの原案作成、サービス担当者会議の開催
    介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供事業所の担当者を中心に「サービス担当者会議(ケアカンファレンス)」を行い、ケアプラン原案の作成・検討を行います。
  3. ケアプラン原案のご説明
    介護支援専門員(ケアマネージャー)から本人や家族へ、ケアプラン原案の説明(最終確認)を行います。 本人、ご家族の同意のうえで、正式にケアプラン作成をいたします。
居宅介護支援サービス

手続き代行・連絡調整・情報提供

  • 市区町村の役所での要介護認定の申請・変更の代行
    介護保険で介護サービスを利用するには保険者である市町村に要介護認定を申請し、要介護の認定を受ける必要があります。介護支援専門員(ケアマネージャー)がご本人やご家族の代わりに要介護申請の手続きの代行を致します。(費用は無料です)
  • 介護サービス提供事業者との連絡、調整
    介護支援専門員(ケアマネージャー)がサービス提供事業者と連絡調整を行います。
  • 在宅介護、在宅生活に関する相談援助
居宅介護支援サービス
 

ご利用料金

居宅介護支援(ケアプラン作成およびケアマネジメント)は、介護保険から全額給付されるため、ご利用者様の自己負担は発生しません。