サービスご利用までの流れ

介護保険によるサービスを利用するには、要介護認定の申請が必要になります。

居宅介護支援サービスにて承ります。

手続き代行・連絡調整・情報提供、ケアプランの作成承ります。お気軽にご相談ください。

 
  • 要介護認定の申請

    要介護認定の申請
    要介護認定(要支援認定を含む)は、お住まいの市区町村の窓口での申請が必要です。
  • 認定調査・主治医意見書

    認定調査
    市区町村等の調査員が自宅や施設等を訪問して、心身の状態を確認するための認定調査を行います。 主治医意見書は市区町村が主治医に依頼をします。主治医がいない場合は、市区町村の指定医の診察が必要です。
  • 審査判定・認定

    介護認定
    全国一律の判定方法で要介護度の判定が行なわれます。(一次判定) 一次判定の結果と主治医意見書に基づき、介護認定審査会による要介護度の判定が行なわれます。(二次判定)
    市区町村は、介護認定審査会の判定結果にもとづき要介護認定を行ない、申請者に結果を通知します。
  • 介護(介護予防)サービス計画書(ケアプラン)の作成

    ケアプラン作成
    介護(介護予防)サービスを利用する場合は、介護(介護予防)サービス計画書(ケアプラン)の作成が必要となります。
 

訪問介護サービスにて承ります。

有資格者の訪問介護員(ヘルパー)がご自宅を訪問し、身の回りのお世話を行います。住み慣れたご自宅で、その人らしい生活が続けられるよう日常のお世話をいたします。